個人で国からお金を借りる


 総合支援資金

総合支援資金は連帯保証人を確保した場合は貸付利子は無利子で借りることが出来ます。


 年金を担保にお金を借りる

国が認めている年金を担保にお金を借りれる方法があります。


 独自審査でお金を借りる(アロー)

借りやすい消費者金融の使途自由のフリープランでネット振込。


 クレジットカードでお金を借りる方法

クレジットカードの現金化は来店不要で、審査なしに当日の仕組みです。


更に借りるのではなく減らすという選択肢を考えましょう

減額の方法を知らないで返済するのは損!?

↓↓複数の金融機関に100万円以上の借入が既にある方↓↓

匿名で借金の相談先を比較できる【街角法律相談所】

闇金でお金を借りる


 090金融の詳細

闇金での融資はブラックでも借りれますが金利が膨大で負債を増やす危険があります。


銀行から個人でお金を借りる


銀行からお金を借りる
保証人も担保も要らない銀行のカードローンが個人融資では主流になります。

銀行のカードローンならブラックでもお金を借りれる?

年収の1/3以上の無担保でお金を借りるのは平成22年以降は総量規制という仕組みで原則できなくなっています。 主な総量規制対象外が「銀行からの借入」「おまとめローン」で、この2点については額が上限に達していても融資を受けれることもあります。 三井住友銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどが多重債務でブラックでも審査が甘くお金を借りれるのではと言われていて、実際に可決された人も多数います。 金利は消費者金融に比べて若干ですが低いところもありお得ではあります。

銀行カードローンは総量規制とは異なる基準で自社で審査することが許されているので、一概に借入額が膨大だからダメということはありません。 誇大広告のようにブラックでも誰でも借りれるかというと、それも違います。 特に2017年になりアフィリエイトによるカードローンの誘導が過激なので厳しく取り締まられているようです。 銀行からお金を借りる場合はネットの情報に惑わされるよりも実際に自分の状況を正直に申告して審査の申し込みをしてみるのが一番良い方法です。 2ch掲示板を見ても年収や負債額だけでは判断が一概にはつかなく年収と同等を借りれている人もいます。

無担保型のフリーローンなら金利は6%でお得

銀行の貸付には目的が明確な「マイカーローン」や「教育ローン」と異なり、様々なケースで利用できる「フリーローン」というのがあります。 三井住友銀行のフリーローンは金利に上下幅がなく、変動金利タイプですが6%となっていて、普通の消費者金融と比較して1/3で済むのがお得です。

フリーローンは何か商品を購入するにあたり貯金の余裕がないときに銀行からお金を借りる方法で、高額な家電製品や海外旅行や家具などといった使途が目的になります。 審査の条件としては、年収が200万円以上であること、購入する商品の見積書or請求書を一緒に提出することです。 カードローンと違い審査が厳選なので日数が1週間ほど要するのが難点です。 貸付は1回限りなので、カードローンと違い何度も追加で銀行からお金を借りることはできません。

審査基準は、購入する商品が全うかどうか理由を何て書けば審査に通りやすいか模索している人が多いようですが、恐らく見られている点は目的ではなく現在の申込者のスペックです。 フリーローンで通らないのは、事業性と返済目的でどちらも回収で焦げ付く可能性があるためです。 購入する商品が全うかどうかでなく、その時点で申込者が真面目に返済できそうかどうかを見ている可能性が高いです。 銀行からお金を借りる口コミでは、離婚の慰謝料が目的でフリーローンで通った人と落ちた人がいるので収入と借金を審査で判断されているのでしょう。

2017年春に銀行カードローンの総量規制対象外が問題化

お金を借りる人にとって借金が多いと苦しむのが総量規制の問題です。 年収の1/3以上は無担保では個人は借りれないという法律が2010年にできたのですが、例外として認められたのが銀行からの融資です。 銀行カードローンというもので、NHKのクローズアップ現代で2017年4月に放送されて問題が明るみにでました。

問題の内容としては、返済能力が明らかにないのに下請けの会社に審査と保証を付かせることで、年収の1/2までの借入ならお金を借りることができたというものです。 また、完全な専業主婦でもどうにか銀行カードローンを発行することで50万円くらいまでは融通することができたというのが、銀行の私利私欲で多重債務者を増やす結果しかならないとクローズアップ現代で問題定義されてました。 その後、麻生太郎財務大臣の意見では「急遽総量規制に銀行も適用することはないが今後検討していく」に現在は留まってます。

しかし実情として銀行カードローンでお金を借りることが、多重債務者では既に拒否されるようになってきて、返済が困難になってきている人が増えているようです。 10年前のクレサラ問題の時のように自己破産者が急激に増えると予測されています。 現状では、闇金でも良いのでどこかお金を借りるところはないか、探し回っている困窮者が続出している模様です。

10万円までなら社会福祉協議会の緊急小口資金

知名度は高くないですが、収入が基準以下であれば10万円までは無利子・無審査でお金を貸してくれるのが市役所や社会福祉協議会の緊急小口資金の融資です。
各市町村で窓口があり、基準は負債の大小ではなく月間収入が177000円以下(一人世帯の場合)であることです。
社会福祉協議会は名目では民間団体ですが、市町村単位で民生委員や生活支援が主な活動でその一環として少額の援助を行っているようです。 個人の融資に必要なものは住民票と健康保険証と借入理由の明記になります。お金を借りる申込から最短でも5営業日掛かりますので事前に注意が必要です。

ろうきんでお金を借りる方法

ろうきんとは、非営利組織の銀行にあたるものでローンの貸し出し業務をメインに行っています。 全国の地域で13に分割されていて、東京は中央ろきんと呼ばれる金融機関が担当しています。 各種ローンを利用するにあたっては資格としては誰でも大丈夫ですが、「団体会員」「生協組合員」になっていると審査や融資額や利息で優遇されるようになっています。 団体会員が一番有利で、ろうきんで団体会員というのは下記に属する人です。

  • 労働組合
  • 国家公務員・地方公務員等の団体
  • 勤労者のための福利共済活動を目的とする団体

ろうきんで個人でお金を借りる方法として「マイプラン」といものが用意されています。 マイプランは最高で500万円までで、年間利息は諸々で6~10%と普通の銀行カードローンや消費者金融と比較しても安く設定されています。 ろうきんは銀行形態になるので、総量規制の対象外になるので、借入が超過しているから申し込めないということはありません。

ろうきんは仮審査と本審査の2段階に分かれていて、仮審査で1週間そのあとに最終結果の通達と全部で2週間くらい時間を要してしまいます。 利息が低く、総量規制対象外とメリットが多いですが、審査は目視で慎重に行われ噂では普通の銀行に比べると通りにくいと言われています。 仮審査ではCICやJICCの信用情報がチェックされ、本審査では提出した書類に虚偽や不備がないか見られるようです。

ろうきんでお金を借りる条件

  • 18~65歳
  • 年収が150万円以上
  • 現在の勤務先の勤続年数が1年以上

ろうきんには一般的なお金を借りる方法のマイプラン以外にも生活支援策として「高金利からの借換え」「求職者支援資金融資制度」などがあります。 複雑な内容で一口では説明しきれなく難しいというのが誰もの口コミで、一度窓口に出向いて相談するのが一番良い方法と言われております。


 国の教育ローン~日本政策金融公庫の利息とは


個人融資の掲示板は詐欺で安全ではない

国からお金を借りれなく色々調べていると風変わりな金利も不要な怪しいサイトに遭遇することがあります。 個人融資と検索するとFC2で作られたサイト掲示板が多数出てくるものについて危険で詐欺なので説明しておきます。

「5万円まで無条件で融資します。名前・電話番号・メールアドレスを送信してください」という書き込みが多数あります。 法律で言うと個人が融資するのは問題ないですが利息を取ると貸金業違反になります。 掲示板の書き込みはあくまで条件は書いてないので申し込んでみないと違法かどうか分からないですが、安全の担保はありません。 恐らく書き込みしている人たちは「紹介屋」と呼ばれるブラックを対象にしたグレーな存在の名簿転売業者です。

銀行からお金を借りれなく、お金に困った人を個人融資の掲示板から個人情報を書き込ませることで、取得したデータを数千円で他社に転売するのが目的です。 個人融資掲示板に書き込みをしたのに何日経過しても連絡がさっぱりない、というのは情報を収集するだけが目的の詐欺だからです。 お金を借してしまったり下手にコンタクトを取るよりも、自動で個人情報が集まる仕組みにして密かに名簿転売しているのでしょう。

困窮した場合のお金を借りる方法を探している人が多い

現在、日本では様々な社会情勢によってけして良いとは言えない状態が続いています。 働く方にとっても回復の兆しと言われながらずっと長引く不況や、サラリーマンのリストラや減給、給与や残業代のカットの問題、早期退職の問題。 無職でもこれから、働こうとする人にとっても就職氷河期が続き、仕事に就くのが難しい状態になっています。

2011年、3月東日本大震災によって日本はさらに悲しみの渦の中に巻きこまれています。 震災、津波の被災者はもちろん、二次災害も不幸にも続き、日本の経済は世界的に見ても最悪な状態にあると言っても過言ではありません。 国からお金を借りることが出来なく融資が尽きて、銀行も助けてくれなく自己破産者や借金や生活の苦しさから、生命保険を考えて自ら命を断ってしまう方も年々増加しています。

また個人間融資や金利が高い個人貸付に救いを求めて逆に被害を拡大するブラックなどの貧困層も少なくはありません。 そんな中、少しでも貯蓄が出来る明るい未来のために力になる方法が少しでも些細なことでもサポートができたらと、切実な思いで当サイトを立ち上げました。

個人や個人事業でお金を借りるソーシャルレンディング

個人でも申請をして無事に審査が通ると国からお金を借りることができます。 親族以外の保証人や土地などの実物の担保が別途必要な場合とそうでない場合があります。

やはり消費者金融などに比べると比較的、利息が低く貸すのが目立った特徴です。 保証人や不動産などの担保が必要ない事が多いのが、銀行のカードローンやクレジットカードでのキャッシング、消費者金融などです。 消費者金融は毎月の利息が高いイメージがある方もいるかもしれません。 しかしこれも、最近は法律の改正で利用しやすいものになっています。

最近では、ソーシャルレンディングという新しい個人間の融資のシステムも、大きく話題になっています。 また、クレジットカード現金化も総量規制や法律の改正で、銀行やカードローンで借り入れが難しくなった方や、無職の方アルバイトの方に支持を得てます。 法律では違法とされている闇金も、個人への融資は可能となっていますが、リスクや危険を伴う方法なので、即日でお金を借りるにはおススメはできません。


 個人事業主が無担保でもお金を借りる


個人の年収と借入の有無の関係が意外

上記のグラフは数年前の公的機関による家計調査から算出した棒グラフになります。 世帯の年収と借入がある比率をマイクロソフトのエクセルで統計にしたものです。 お金がない収入の低い世帯ほど困っているイメージが一般的にはありますが、全くその逆の結果を物語っています。 この理由としては、お金を借りるのには収入が高くないと個人で融資を受けにくいという実情があるのでしょう。 年収が300万円の方と1200万円の富裕層の方では、借入している方の率が2倍も差がトータルであることが分かります。 低所得や完全に無職の人だと消費者金融や個人貸付、高所得の方だと銀行からの住宅ローンと融資の方法が異なるかもしれませんが、国からお金を借りるような形で毎月返済していることになります。 もう1点特筆する部分は、このような収入や貯蓄がゼロでも恐ろしいことに平均で5人に1人が毎月定期的な返済に追われているのが驚くことに悲しい事実です。


 生命保険でお金を借りる【50~90%】


お金を借りるところを探すのが難しい理由は法律改正にある

全国で貸金業として正式に登録している会社や個人事業の件数を年次にして推移にしたのが上記のグラフになります。 驚愕なのは、1986年の47,504件から27年後の2017年現在では2,241件と95%以上が廃業している事実です。 最初に減り始めた時期が2003年の闇金融対策法が実施された翌年からです。 それまでも個人融資の法律は既存でありましたが、国からお金を借りる方法に取り締まりを強化してなかったのを東京の警察が動いたことにより旨みが無くなり、渋々閉鎖したグレーな会社が続出したのが伺えます。 次に2006年にキャッシングのグレーゾーン利息の廃止が決定されて、法律を遵守して営業活動していた消費者金融も年利が29%から20%に削られた改正貸金業法により一気に件数が激減しました。 利息を減らされただけでなく、過去に余分に搾取していた利息の過払い金請求が多発することにより、会社経営が赤字に転落する羽目になりました。 3段階目が2010年の総量規制で、借り手側が多重債務者の場合は年収の1/3が上限と法律で決められたことにより、貸す顧客が減少することで新規開拓が難しくなったことです。 2017年現在で、アルバイトでもなく無職で国からお金を借りるのにネットを探しても見つかりにくい理由としては、国が法律的に直近10年で銀行などに厳しくしてきた経緯が挙げられます。 管轄の金融庁としては消費者である国民を表向きでは守る為かもしれません。 しかしこの結果としては残念なことに全国で何千万人の方が融資により苦しむ厳しい状態を招いたように思えます。


 生活サポート基金でお金借りる


お金を借りる前に家族に相談する

現在日本では、様々な方法で少額なら短い間でブラックの個人でも簡単に借りることができます。 しかし、どこからにせよ融資に対する返済を金利も含めて誠意をもってきっちりとしなくてはなりません。 市役所や銀行も含めて国からお金を借りる場合も同様です。 ご家族や大切な人のためにも無理な個人融資の借金をすることは止めましょう。 借り入れの前に明確に月々の返済計画を建てましょう。

多額の借金の返済に困ってしまった時や、色々なところに借り入れをしてしまって収拾がつかなくなってしまった時等は、まず、難題を1人で抱え込むのは辞めてご家族や友人などに相談しましょう。 ネットで見知らぬ人からの個人貸付は危険ですので避けましょう。 もしそれもできない場合や相談しにくい場合は、政府の財務局の相談窓口なども用意してあります。


新しいお金を借りる方法「クラウドファンディング」や「フィンテック」

最近では海外で流行しだして日本でも急速に発展しそうなのが、不特定多数の一般人からお金を借りる方法です。 クラウドファンディングとは、自分が何をしたいか・成功したら何をリターンできるかを明確にすることで、目標金額を定めて不特定多数の個人に融資を受ける方法です。 例えば、上記は寒い北海道で70頭の猫を収容できる家を作るのに700万円のお金を借りたいというものです。 クラウドファンディングの購入型と呼ばれる方式で金利のリターンはオリジナルの物や権利になります。 完全なる寄付ではないのが特徴で、現在582人で570万円が融資されているようです。 国から借りることができなく、一般人の賛同を得れてお金以外でリターンするのがクラウドファンディング購入型ですが、金融型とよばれる配当形式もあります。 またフィンテックと呼ばれるジャンルが海外で流行していて、自転車ショップを3000万円で開業したいが国から借りる事ができない。 そのような人が中間業者を通じて5~20%の金利で不特定多数の融資希望者からお金を借りて個人が起業することが可能になってます。 日本でも銀行の立場を脅かす恐れがあるということで注目されているのがフィンテックとよばれる、お金を借りる方法です。


【中小消費者金融の口コミ】

1位フクホー
2位ビジネクスト
3位ユニズム

2017年8月の最新情報

このページの先頭へ