従業員貸付制度の概要と返済方法について

大手企業ほどあり中小企業はない場合もあります
企業には働いている雇用者の福利厚生とトラブル回避の為に、従業員貸付をしているとこもあります。 双方のトラブルというのは消費者金融や闇金といったところで、自分の給与が力技で差し押さえにならないようにするためです。 会社からお金を借りる場合は、福利厚生の制度があるかどうかを部署の経理に確認する必要があります。 労働組合に入っている優良企業は国からの指示で金利が少ないことが多く見受けられます。 金額の上限は10~20万円が一般的で、返済の方法としては給与から相殺ではなく、会社からお金を借りる分プラス利息を返済する形がとられます。 相殺を許してしまうと労働基準法で企業が不利になる大きな避けることが難しいリスクがあるためです。


クレジットカードでお金を借りる方法


会社からお金を借りることで利息が取られる仕組み

企業は利益で動いているので利息のない投資はしなく赤字とみなされる
国からとは異なり金貸しのように利息を取られるのは経理上の帳簿の問題で、貸付を無料で行うことは贈与になり税務局の目もあるので帳簿上できません。 もし会社からお金を借りる場合、元本だけの無利息で良いとなると給与所得として申告する計らいになります。 金利は恐らく世間一般でいう最低の0.3%プラスアルファ程度なのでないものと同額になります。 消費者金融や銀行に比べても優しい対応ではありますが、社内貸付は会社の出世の可能性として少なからずマイナスの足かせになることもあって考え物です。


国からお金を借りる【特別融資】2017年版


会社からお金を借りる場合の条件と金額

正規の雇用者なら誰でも利用できるわけでない
従業員貸付制度が企業にマニュアルで存在していても、規定の条件を全部満たしていないと会社からお金を借りるのが無理な場合があります。 合否は正社員としての勤続年数に比例して、希望金額に反比例すると考えてください。 意味合い的には大きな金額であっても60歳の定年による退職金の前借りのようなケースは比較的良く見受けれます。 都合により近くに退職予定のある方や還暦の定年が近い人なら会社から低い金利で福利厚生の一環として希望額のお金を借りることが可能です。 詳しくは、それそれの会社の退職金規定に貸付についての項目がありますので、各自でご確認ください。 ただし予定の金額が大きい場合は稟議書や社内審査があるので合否まで時間が掛かることを最初から予め覚悟しておきましょう。

従業員貸付制度を実際に利用した体験談が存在しない理由

Yahoo知恵袋や教えてGooで会社からお金を借りるのに成功した実話の体験談を探したのですが、ブログにも掲示板にも存在しませんでした。 従業員貸付制度は福利厚生として社内規則に載ってはいるが、実際に申請するには労働組合に加入していても出世やボーナスや左遷が怖くてお願いできる人は極わずかだということです。 一般的に会社からお金を借りるケースは、住んでいる家が火災に遭遇した、身内の葬儀で喪主をしないとならない等で、不測の不幸による福利厚生がメインです。 または、社員数が数人の会社で規定が緩く社長が人情味のある人で会社がお金を貸すことはありますが、それを本人さえも従業員貸付制度という言葉を知らないのでネットで調べても出てこないのでしょう。 この内容の記事を書いている人はキュレーションサイトかアフィリエイトでSEOでキャッシングのジャンルでGoogleで上位表示したいのが目的なので、現実性が少ないお金を借りる方法です。

ルネサスの希望退職者が7500人を突破

2014年10月に5000人の希望退職者を社内で募ったところ、7500人が早々と申込まれたことがテレビのニュースになりました。 有名な大手企業ですが将来性を考えてのこと以上に、月給の1年半分の退職金が魅力であったように思えます。 会社からお金を借りる段取りをしていた人には好都合であったのではないでしょうか。 特に不景気の御時勢なので社内貸付でなく将来よりも目先のことで頭が一杯なのでしょう。

生活サポート基金

他の関連した記事

このページの先頭へ